面会交流を取りやめることはできる?

面会交流を取りやめることはできる?

自分が子どもに会えるのは親である以上は当然の権利。

子どもに会うだけなのに制限されること自体がおかしい。

このような極端な考えを持っている方はたくさんいらっしゃいます。

それゆえ、面会交流というのは、始めから細かいルールを決めておくべきです。

しかし、それでも取り決めたルールすら守らない親も中にはいるため、その対処として面会交流を取りやめたいと感じるのは当然のこと。

とはいえ、面会交流権は相手の持つ権利に違いありません。

こういった場合、相手と子どもとの面会交流を取りやめることはできるのでしょうか?

面会交流は理由次第で取りやめることも可能

確かに面会交流権というのは、親である以上は当然に持っている権利です。

しかし、あらかじめ決めていたルールを守らないというのは、権利の濫用(むやみに権利を行使すること)に他なりません。よって、相手がルールを守らないといった場合、後から面会交流を取りやめることも可能です。

また、取りやめるとまではいかなくても、再度ルールを決めなおすことが可能となっています。

なお、面会交流の取りやめや、ルールの変更については、当事者間のみで行うこともできますが、おそらくそれでは双方の主張の違いからスムーズな解決は期待できません。

よって、こういった場合は、弁護士に介入してもらうか、家庭裁判所の調停手続きを利用するのが良いと言えます。

ルールは守っているけれど・・・

面会交流を取りやめたい理由としては、ルールを守らないことだけではありません。

ルールについては守っているけれど、面会交流中に子どもにとって教育上好ましくないことを教えている、子どもが会うのを嫌がっている、といったように、面会交流を取りやめたい理由はいくつも想定されます。

こういった場合も、弁護士の介入、家庭裁判所の調停手続きが解決へのきっかけになるでしょう。

というのも、弁護士であれば、交渉技術に長けていますので、話し合いの代理によって双方が納得できる結果を導くことも可能ですし、家庭裁判所の調停を利用すれば、最終的には審判によってもっとも良いと考えられる判断が下されることになります(詳しくは「裁判所に面会交流が認められるまでの流れは?」)。

もっとも重視すべきは子どもへの影響

上記のように、面会交流を取りやめたい理由は様々考えられますが、それが自分だけの独りよがりな意見になってはいないか?といったことを考えることも重要です。

あくまでも、重視すべきは、面会交流が子どもに対して与える影響であることを忘れないようにしてください。

本来、面会交流というのは子どもにも必要なものです。子どもにとってより良い面会交流を実現するためにも、自分だけの考えで面会交流を取りやめることがないようにしましょう。

関連記事

別居中でも親子の面会はできる?

夫婦が別居中であったとしても、親子の面会をすることは可能となっています。 離れて暮らす親…

裁判所に面会交流が認められるまでの流れは?

面会交流の実施については、なにも始めから裁判所に認めてもらわなければならないわけではありません。…

相手が面会交流を拒否した場合は?

別居中、または、離婚後、子どもを連れて出て行った相手に対して、子どもとの面会交流を望んだところ、…

スムーズな面会交流を行うための心がけは?

夫婦が別居、または離婚することになってしまい、子どもと離れて暮らす親と子どもとの間で面会交流が実…

面会交流の取り決めが守られなかった場合は?

別居の際、または離婚成立の際に、子どもとの面会交流の取り決めを作っても、現実にはその約束が守られ…