請求された慰謝料の相談を弁護士にする前に!弁護士選びのポイントと費用を抑える方法

「突然届いた不倫慰謝料の請求。どう対処していい?」
「弁護士に相談すれば慰謝料は抑えられる?」

自分が不倫の慰謝料を請求されたらどのような対応をすればよいのか、ほとんど周りに相談できないという人が大半ではないでしょうか?

不倫は慰謝料の発生理由になります。しかし相手はもしかすると怒りに任せて法外な慰謝料を請求している可能性もあります。

もちろん弁護士に相談すれば、最悪の事態は回避できますし、慰謝料が減額になる可能性もあります。とはいえ、費用も気になるところです。

この記事では慰謝料を請求されたときに
弁護士に依頼する費用
弁護士に依頼するメリット
についてお話ししていきます。

慰謝料トラブルを弁護士に依頼するといくらかかる?

気になる弁護士の費用。慰謝料が請求されたケースでは、弁護士費用にはどのようなものがあるのか、その種類と相場を解説します。

弁護士費用の種類と相場

専門家ではない素人の考えで判断することは大きなリスクを伴います。 法律の専門家、交渉のプロである弁護士に相談して適切な対応を知ることが何より大事です。

しかし、弁護士に相談や依頼をした場合の料金は気になるところです。

【離婚(慰謝料)における弁護士費用の目安】

内訳 金額(目安)
相談料 5,000円(30分)
着手料 協議:10~30万円
調停:10~30万円
訴訟:30~50万円
成功報酬 慰謝料金額の10%
実費 3〜5万円
合計 15〜70万円
  1. 相談料
  2. 弁護士に相談するには原則として相談料が必要になります。相場は30分5,000円~です。

    しかし、初回の相談料を無料としている弁護士もいるのでホームページなどで確認した上で相談の予約をする必要があります。

  3. 着手料
  4. 弁護士に依頼することになった場合、最初に着手料(着手金ともいいます)を弁護士に支払う必要があります。
    着手料の相場は20万円から30万円です。

  5. 成功報酬
  6. 相手の請求が認められなかった場合や請求は認められたけれど減額が認められた場合は弁護士に成功報酬を支払う必要があります。 相場は減額が認められた額(請求が認められなかった場合は全額)の10%から20%です。

     
  7. 日当・実費
  8. 郵便切手代や裁判に行く際の交通費などは着手料や成功報酬とは別に実費として弁護士に支払う必要があります。 また、契約の内容によりますが、裁判に一回出廷するごとに日当が発生する場合もあります。

    弁護士に慰謝料請求をスムーズに頼むには?

    弁護士に頼む以上は上手に弁護士を使いたいところです。
    スムーズに相談することで、相談料や諸経費を抑えられる可能性もあります。

    弁護士に相談・依頼するにあたってどのような準備をするべきか、また、弁護士に何を確認しておくべきかを解説します。

    慰謝料の根拠を確認する

    弁護士に相談や依頼をするにあたっては、まず自分自身で事実関係を確認しておく必要があります。

    事実関係を整理できていないと、せっかく相談しても弁護士に誤解を与えてしまって適切な回答を得られないリスクがあります。また、混乱が生じてしまい、スムーズに依頼できない可能性もあります。

    そのため、弁護士に相談に行く前に、次を確認しておきましょう。

    1. 慰謝料の相場と照らし合わせる
    2. 自分のケースの場合、相場と照らし合わせてどのくらいの慰謝料が妥当なのか、弁護士に確認しましょう。

      では実際の慰謝料の相場は、どれくらいかというと、過去の裁判での事例を見ると約100〜500万円です。※あくまでおおよその目安額です。

      慰謝料の相場についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

    3. 自分に支払い義務があるのか確認する
    4. そもそも不貞行為を行なっていなければ慰謝料を支払う必要はありません。また、裁判で焦点となる「不貞行為」は必ずし一般的な「浮気・不倫」とは異なります。

      まずは自分に支払い義務があるケースなのか確認しましょう。

    5. 根拠や証拠を確認する
    6. 不倫の慰謝料といっても、相手の結婚生活を完全に破綻させてしまって離婚に至る場合と、離婚にまでは至らない場合とでは大きく額も異なります。
      また、不倫に至る前に「別居していた」など婚姻関係が破綻しているケースでは慰謝料が発生しない可能性もあります。

      もちろん、すべての項目を確認できるわけではありませんが、あらかじめ調べておくとスムーズですし、何より費用を安くできる可能性もあります。

    慰謝料トラブルを弁護士に相談、依頼するメリットはどこにある?

    慰謝料の弁護士費用は、場合によっては数十万の費用がかかってしまいますが、その費用を大きく上回るメリットについて解説します。

    依頼者の利益を守ってくれる

    人に言いにくい不倫の問題ですが、弁護士は依頼者の利益を最大限守ってくれます。

    • 弁護士は慰謝料の金額が適切か判断してくれる
    • インターネットで検索すれば、不倫の慰謝料の相場はある程度知ることができますが、自分の場合にどの程度の慰謝料の金額が適切かまでは知ることができません。
      弁護士は、豊富な知識と多くの事件の経験をもとに、妥当な慰謝料の額を算出してくれます。

    • 証拠をより強く主張しできる限り慰謝料の負担を軽減する
    • 不貞行為を疑われ、慰謝料を請求されると後ろめたさのようなものを感じる人も少なくありません。しかし、弁護士は常に依頼者の味方です。 どんなに依頼者に非があったとしても、依頼者の利益のために、慰謝料の減額につながる証拠を強く主張して依頼者を守ってくれます。

    • 知識を駆使して、相手と粘り強く交渉してくれる
    • 弁護士は難関の司法試験を突破した上、毎日のように法律の知識を駆使して事件の相手と交渉しています。
      豊富な法律知識と数ある裁判例の中から、依頼者にとって一番有利な主張を選び出し、相手の急所を突いて粘り強く交渉してくれます。

    弁護士に依頼することで精神的ストレスから解放される

    • 直接相手と交渉すると感情的になりやすい
    • 不倫が原因で慰謝料を請求された場合、相手は「不倫された」という怒りの感情に支配されて感情的になっています。このような相手との話し合いは、困難です。

      しかし、弁護士に交渉を依頼すれば、相手との交渉の窓口はすべて弁護士に一本化されるので、依頼者は一切交渉を行う必要がなくなります。対応はすべて弁護士が行ってくれるので、依頼者は大きなストレスから解放されます。

    • 書類の作成も弁護士がしてくれる
    • また、弁護士に依頼すれば、裁判の書類や慰謝料の示談書など、大事な書類はすべて弁護士が作成してくれます。難しい書類を自分で作成する必要がなくなるので、書類の作成にかかる労力や時間を大きく節約することができます。

    裁判になった場合に頼りになる

    相手との交渉が成立しない場合は、裁判で慰謝料が争われます。 この裁判自体は弁護士がいなくても自分一人で行うことができます。

    しかし、うまく自身の正当性が裁判官に伝わらない可能性があります。
    法律の専門家ではない素人が裁判を行ってしまうと、慰謝料を減らすことができる主張がある場合でも、適切な主張ができずに、本来であれば支払う必要のないお金まで支払わなければならなくなるケースもあります。

    日々、裁判を仕事にしている弁護士であれば、依頼者の利益になる主張を正しい形で行ってくれます。

    弁護士を通して慰謝料の交渉をスムーズにするには?

    大事な弁護士選び。選ぶ基準と必要な準備について解説します。

    離婚や不倫の慰謝料事件に詳しい弁護士に相談・依頼する

    弁護士は法律の専門家であるだけでなく、法律知識に基づいて交渉する専門家でもあります。しかし、医者に外科医や内科医があるように、弁護士にも、それぞれ専門分野、得意分野があります。

    企業の相談を専門に行っている弁護士もいれば刑事事件で犯罪者を弁護することが得意な弁護士もいます。

    不倫の慰謝料の事件であれば、離婚問題や不倫の慰謝料の問題に詳しい弁護士に相談・依頼することが大事です。

    慰謝料の減額・免除に有利な証拠を集める

    裁判は証拠に基づいて行われるので、証拠の有無が判決に大きく左右します。

    不貞行為による慰謝料を争う場合は、肉体関係がなかったという主張につながる証拠を集めることが重要になります。

    また、不貞行為自体は否定できない場合でも、不倫相手が結婚していることを知らなった場合には慰謝料の請求は認められないので、「知らなかったこと」につながる証拠も重要になります。

    たとえば不倫相手が独身であると偽っていたメールやLINEの記録などが証拠になります。

    不倫相手が結婚していたことを知っていた場合でも、不貞行為の当時に相手の結婚生活が破綻していたことを証明できれば、慰謝料請求は認められません。

    この場合は、不倫した当時、不倫相手が別居していて夫婦関係もまったくなかったことについての証拠が必要になります。

    結婚生活が破綻していなかった場合でも、不倫相手の方から積極的に不貞行為を迫られた場合には、減額される可能性があります。
    これもメールやLINEなどの証拠が重要になります。

この記事のまとめ

不倫の問題は人には話しにくい問題ですが、弁護士には守秘義務があり、秘密は守られるため、気兼ねなく相談することができます。

わからないことを一人で悩むよりも、専門家に相談・依頼して不安な気持ちを解消し、日々の生活の平穏を取り戻すことが何より大事です。 

関連記事

離婚慰謝料には税金が課せられる例外的なケースも!4つのケースと…

離婚の慰謝料は100万円を超えることも珍しくありません。 このような多額のお金を受け取ると

慰謝料が払えない場合は減額や分割払いを利用する

「とても支払いきれない慰謝料を請求されている」という場合では、まず話…

離婚問題100の疑問

離婚相談の現場では皆様からさまざまな質問をお受けしています。相談者の方が悩まれていること、置かれている状況は千差万別ですが、共通して悩まれている事項も少なくありません。そこで、ここでは「離婚問題100の疑問」というテーマで、相談現場で頻出する質問事項と、それに対する回答を掲載しています。 離婚全般 離婚すると戸籍はどうなる? 離婚後に姓はいつでも変更可能? 離婚後も今の家に住み続けることは可能? 外国人の相手と離婚をするには? 子どもには離婚をどう説明すれば良い? 数年後に離婚を検討している場合の準備は? 離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は? 離婚後にしなければならない公的手続きは? 離婚後に受給できる公的給付は? 再婚禁止期間ってなに? 離婚問題における内容証明郵便の効力とは? 有責配偶者からの離婚請求は可能? 騙されてした結婚・離婚も有効? 相手に会わずに離婚はできる? 双方が有責配偶者だった場合の離婚は? 離婚届の書き方は? 離婚届を提出する際の注意点は? 夫婦間の約束は取り消し可能? 戸籍から離婚歴を消すことはできる? 離婚届の証人は誰でも良い? 無断で出された離婚届が受理されてしまったら? 調停前に準備しておくことは? 別居時は住民票を移動させたほうが良いのか? 離婚すると連帯保証債務から抜けられる? 離婚で相手に弁護士を立てられたらどうする? 収入証明の提出は拒否できる? 妊娠中に離婚したら親権は?養育費はもらえない? 弁護士に離婚相談する際の一般的な流れとは? 弁護士への無料相談をうまく利用するには? 相手から突然離婚を告げられたら? 自ら不倫したとなれば、不利な離婚は仕方がない? 家庭裁判所の調査官ってどんな人? 少しでも早く離婚するためには? 相手の現住所を自分で調べることはできる? 離婚相談はどの専門家にすれば良い? 協議離婚 協議離婚のメリット・デメリットは? 協議離婚の際に決めておくことは? 協議離婚の注意点は? 無断で離婚届を出すことはできる? 離婚協議書って何? 相手に一方的な離婚条件を押し付けられたら? 公正証書の作成にかかる手数料は? 離婚条件はいつまでに決めなければならない? 調停離婚 調停離婚のメリット・デメリットは? 離婚調停では何を聞かれる? 離婚調停申立に必要なものは? 相手が離婚調停に来ない場合は? 調停委員ってどんな人? 離婚調停の流れは? 離婚調停はいつ開かれる? 離婚調停の取り下げは可能? 相手の住所がわからない場合は? 離婚調停は申し立てたほうが有利? 調停に子どもは連れていける? 離婚調停の裁判所を変える方法は? 相手が離婚調停で嘘ばかり言う場合は? 調停や裁判の期日は変更できる? 調停を欠席するとどうなる? 調停を同時に申し立てることは可能? 調停の申立書が届いたらどうすべき? 調停委員が相手の味方をしている場合は? 親族も離婚調停の代理人になれる? 離婚調停に費用はどの程度かかる? 審判離婚 審判離婚の流れは? 審判離婚を裁判官に促すことはできる? 審判離婚が活用されない理由は? 審判離婚が下された具体例は? 審判決定に不服申立するとどうなる? 裁判離婚 裁判離婚の流れは? 裁判離婚にかかる費用は? 裁判離婚はどこの裁判所に訴える? 裁判を欠席するとどうなる? 判決が出ても決着しないことがある? 参与員制度とは? 認諾離婚と和解離婚とは? 調停不成立からいつまでに裁判提起すべき? 不貞行為 どこからが不貞行為に該当するの? どんなものが不貞の証拠になる? 別居後の不貞行為は離婚原因になる? 浮気されたら浮気し返しても良い? 一度浮気を許したら後から離婚はできない? 不貞の証拠が不十分でも慰謝料請求はできる? 悪意の遺棄 別居前に注意しなければならないことは? 家庭内別居でも離婚はできる? 同居を拒否された場合は? 夫が就職も家事もしない場合はすぐ離婚できる? 別居期間が長いと離婚は不利になる? 自分から別居すると不利になる? 療養のための別居も相手に援助は求められる? 別居後に注意しなければならないことは? 生死不明 後から生死不明でないことがわかったら? ...

離婚以外の問題解決が長期化しそうな場合は?

すぐにでも離婚をしたいが、財産分与や慰謝料といった離婚以外の問題解決が長期化してしまいそうな場合…

外国人の相手と離婚をするには?

外国人の相手と国際結婚をしている場合、離婚時にはどちらの国の法律に従えば良いのか?どこの裁判所に…