借金があると財産分与はどうなる?

借金がある場合の財産分与

夫が家計の生活費不足を補うために多額の借金を抱えていた場合、同じ家計にいた妻にこの借金の支払い義務が生じることはないのでしょうか?

一見すると、夫がした借金は生活のために必要な借金だったため、共に生計を営んでいた妻にも支払い義務が生じるように見えます。

しかし、借金(債務)というのは性質上、連帯保証債務(詳しくは「離婚すると連帯保証債務から抜けられる?」)にでもなっていない限り、債務者個人のものでしかありません。

よって、妻に借金の支払い義務が生じることはありません。とはいえ、財産分与には多大な影響を与えることになっています。

今回は、夫婦の一方が借金を抱えていた場合、財産分与がどうなるのかについてご説明します。

結婚生活に必要な借金だったかどうか

夫婦の背負う借金について考える際、もっとも重要になるのが、その借金が結婚生活に必要な借金だったのかどうかです。

通常、まったく関係のないところで一方がした借金の支払いが離婚時に問題になることはありません。結婚生活に関係ない借金は当然、財産分与から除外されます。

たとえば、夫が会社員、妻が専業主婦であり、夫には結婚生活を初めてからの預金が300万円あり、結婚生活と関係ないところで作った借金が100万円あるとします。

この場合、財産分与は原則、2分の1ずつとなっているため、夫の300万円の預金は150万円で二等分されます。

もちろん、結婚生活と関係ないところで作った借金の支払いを妻がする必要はないため、借金も清算するのであれば、夫に50万円、妻に150万円となります。

結婚生活に必要な借金は双方が負担する

それでは今度は、上記の借金が結婚生活に必要だった場合はどうでしょうか?

この場合、まず夫の300万円の預金から100万円の借金をマイナスし、残った200万円を財産分与により2分の1ずつそれぞれが取得します。

つまり、最終的には100万円ずつとなります。

上記のように、夫が個人的にした借金であれば妻に影響を与えることはありませんが、結婚生活に必要な借金だった場合は、妻の財産分与に影響を与えるのです。

結婚生活に必要な借金が預金を超過していたら

では、もし、結婚生活に必要な借金が預金を超過していた場合はどうなるのでしょう?

たとえば、上記と同様の事情で、夫に結婚生活を初めてからの預金が100万円、結婚生活に関係あるところで作った借金が300万円あるとします。

この場合、借金が預金を200万円も超過しているため、預金はなくなり財産分与は発生しません。100万円の預金のうち50万円を妻が取得することはありません。

しかし、妻が残った200万円の借金のうち半分の100万円を負担することもありません。あくまでも借金の名義人である夫が抱えるのです。

つまり、妻に財産分与はないが、借金を抱えることもないということです。

関連記事

住宅ローンがある場合の財産分与は?

不動産を財産分与する場合、ローンの残高によっては財産分与ができないこともあり…

財産分与の対象財産の評価方法は?

離婚時に財産分与をする場合、預貯金といった2つに分けやすい財産であれば、容易に財産分与が可能と言…

慰謝料や財産分与に贈与税はかかる?

贈与や相続といった場合、受け取る財産は贈与税や相続税の課税対象となるため、慰謝料や財産分与も同様…

専業主婦は離婚しても大丈夫?

婚姻期間を専業主婦にあててきたという方は、離婚後の不安がたくさんあると言えます。 そもそ…

内緒のヘソクリも財産分与の対象?

なにをもって財産分与の対象になるかについては、…