戸籍から離婚歴を消すことはできる?

x戸籍から離婚歴を消すことは可能?

どうしても過去の離婚歴を消したい・・・。
こういった願望を持っている方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、離婚は身分に関する事実であるため、戸籍にどうしても記載されてしまいます。

いくらなかったことにしたくても、戸籍が残されている以上、離婚歴を消すことはできないのです。とはいえ、表面上であれば離婚歴を隠すことは可能となっています。

では、どういった方法で離婚歴を隠すことができるのでしょうか?

離婚すると戸籍はどうなる?

まずは、離婚すると戸籍がどのようになるのかご説明します。

夫婦の戸籍は、筆頭者と配偶者から成り立っています。
夫婦が離婚すると、筆頭者の立場からすれば、配偶者の欄には「除籍」といった記載がされることになります。そして、除籍の理由として離婚の事実が記載されます。

一方、配偶者の立場の場合、新たな戸籍を作るか、従前の戸籍に戻るかといった選択が可能となっています。新たな戸籍を作った場合は、特に離婚の事実が記載されることはありませんが、従前の戸籍に戻った場合は注意が必要です。

というのも、女性の方に多いといえるのですが、従前は両親の戸籍にいた方がほとんどです。婚姻時にいったん両親の戸籍から出ていっているため、そこには除籍の記載がされています。それにも関わらず、また両親の戸籍に戻ってきたとなると、除籍からの入籍になり、容易に離婚があったのだと想像できてしまうのです。

離婚歴を隠すのであれば転籍を

そこで、どうしても離婚歴を隠したい場合は、「転籍」を行うことになります。

実は、本籍地を移動させた場合、除籍された者に関する記載が引き継がれることはありません。つまり、自身の戸籍に乗っていた離婚相手の名前や、両親の戸籍にある結婚前の自身の記載が消えるということです。

本籍地を移動させれば良いため、転籍の他にも、分籍や入籍といった方法もあります。しかし、どちらも自分の意思だけでは実現できないこともあるため、もっとも現実的かつ簡単な方法が転籍となっています。転籍をすれば、簡単には過去の離婚歴を見抜くことはできないでしょう。

戸籍を辿っていけば隠し切れない

ただし、離婚歴自体が戸籍から消えているわけではありません。
今ある有効な戸籍謄本を「現在戸籍謄本」といったりしますが、除籍謄本や原戸籍謄本にはそのまま離婚歴が記載されています。

「除籍謄本」とは、誰もいなくなった戸籍を言い、「原戸籍謄本」とは、戸籍の管理に関する法律が改正される前にあった戸籍を言います。これらには離婚歴が必ず記載されていますので、いつまでも隠し通すことはできない点に注意しましょう。

特に、相続が発生した場合には戸籍を辿って相続人を確定させるため、その過程で過去の離婚歴が知られてしまいます。

関連記事

離婚後に姓はいつでも変更可能?

離婚をする際、仕事や取引先との都合や子どもの学校での人付き合いの都合などによって、姓を変更せずに…

相手の現住所を自分で調べることはできる?

離婚後、養育費や慰謝料の支払いが滞ったという理由で相手と連絡を取ろうとしても、電話は通じず、引っ…

離婚後も今の家に住み続けることは可能?

特に女性の方に多いと言えますが、現在、離婚を検討していて、収入や子どもの学校のことなどを考慮する…

離婚すると学資保険はどうなる?

離婚すると子どものためにしていた学資保険はどうなってしまうのでしょうか? 学資保険は、一…

再婚禁止期間ってなに?

女性には離婚後、半年間は再婚ができないという再婚禁止期間が定められ、女性は離婚をした後、他の男性…