加給年金・振替加算とは?

加給年金・振替加算とは?

こちらの記事は、「年金の仕組みって?」の続きになります。

厚生年金の中には、加給年金(かきゅうねんきん)・振替加算(ふりかえかさん)と呼ばれる年金支給があります。どちらも国民年金にはない制度となっていて、厚生年金にメリットがあると言われている要因の1つとなっています。

特に加給年金については支給額も大きいため、必ず理解しておくようにしましょう。

加給年金とは?

加給年金とは、厚生年金の受給者に配偶者(内縁関係でも可能)や18歳未満の子ども、または20歳未満で障害者等級が1・2級に該当している子どもがいるときに発生し、通常の基礎年金よりも多くの年金額が支給されるという制度です。

ここでいう18歳未満の子どもというのは、18歳になった後の最初の3月31日までにある子どもを言います。

ただし、加給年金は配偶者が65歳になり、基礎年金が支給された時点で打ち切られることになっています。同じように、子どもがいる場合は子どもが18歳以上(障害者の子どもは20歳)になった時点で打ち切られることになっています。

なお、子どもが結婚した場合については、年齢に関係なく、その時点で打ち切られることになるため注意しましょう。

振替加算とは?

振替加算とは、加給年金の対象となっていた配偶者の基礎年金が支給された時点(加給年金が打ち切られた時点)で、加給年金から切り替わって上乗せ支給される年金です。

ただし、加給年金ほどの額はもらえず、配偶者の生年月日によって金額が決まります。若いほど金額は少なく、昭和41年4月2日以降に産まれた方の場合の振替加算は0円となっています。

なぜこういった仕組みになっているかというと、過去は国民年金の加入義務がありませんでした。

しかし、昭和61年4月から実施された年金改正により、学生を除く20歳以上60歳未満の国民が年金に強制加入されることになったのです。

つまり、昭和61年4月1日以降に20歳を迎える者については、自身の老齢基礎年金の名目で加算分の支給がされることになり、形式上の振替加算分は0円となっています。

この制度は、過去に国民年金に加入していなかった方が不利にならないように作られた制度と言えます。

65歳からの離婚は得?

なお、加給年金から振替加算に切り替わった場合、その後の振替加算分は自身の名義で支給されることになるため、たとえ離婚をしても支給され続けることになっています。

振替加算に切り替わる前に離婚をしてしまうと、加給年金の支給は停止されるため注意が必要です。

よって、離婚するのであれば65歳からとも言われています。とはいえ、振替加算の金額自体がそこまで大きくなく、1人分の生活を賄える金額ではないため、振替加算目的で65歳まで離婚を待つというのも考えものです。

離婚時は年金についても検討を

離婚時に問題となるのが、離婚後に第2号被保険者になれなかった方、つまり、厚生年金や共済年金に加入することができなかった方の年金受給額の低さです。

離婚後も第2号被保険者であれば、自身の権利として基礎年金と厚生年金を受け取ることが可能となっていますから、離婚をしても一定以上の生活水準で老後を過ごせると言えます。

しかし、離婚後に第1号被保険者(国民年金のみの加入)となった方は、基礎年金しか受け取ることができません。仮に配偶者が第2号被保険者であったとしても、離婚をしてしまえば配偶者名義の支給になるため、自身は受け取ることができないのです。

こうしたことから、離婚時の年金分割についてはしっかりと検討しなければなりません。

関連記事

年金の仕組みって?

離婚をする際は年金分割によって、婚姻期間中に支払っていた年金を夫婦で分割することが可能となってい…

内縁関係でも年金分割できる?

たとえ内縁関係であったとしても、関係解消時に年…

専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?

そもそも国民年金(詳しくは「年金の仕組みって?」)と…

離婚後に相手が死亡した場合は遺族年金を受けられる?

離婚後、養育費を支払っていた側が病気や事故などによって死亡してしまった場合

離婚すると厚生年金はどうなる?

目次厚生年金法の改正について老齢厚生年金は2つに分かれている老齢厚生年金の受給要件について老齢厚生年金の支給額について 結婚前、または結婚後に1ヶ月以上厚生年金に加入していた場合、離婚後も厚生年金の受給資格があります。 よって、老後は老齢基礎年金(詳しくは「専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?」)に加え、老齢厚生年金を受給することが可能となっています。 たとえば、パートやアルバイトであったとしても正社員の通常勤務の4分の3以上の労働時間や勤務日数で勤めていたことがあれば、厚生年金の被保険者となっていた可能性が高いです。 厚生年金法の改正について また、平成28年10月以降からは、上記の4分の3以上という基準が改正され、①週20時間以上、②月額8万8000円以上(年収106万円以上)、③勤務期間1年以上を満たしている場合に緩和されることになっています。上記①~③を満たしていれば厚生年金に加入ができます。 老齢厚生年金は2つに分かれている 老齢厚生年金は、60歳から受給する「60歳台前半の老齢厚生年金」と、65歳から受給をする「本来の老齢厚生年金」との2つに分かれています。 なぜ2つに分かれているかというと、現在の法律では、老齢厚生年金は65歳から支払われることになっているのですが、従前は65歳になる前に支払われていたため、いきなり65歳からの支給にしてしまうと、やっと年金が支給されると思っていた方の期待を裏切ることになるため、経過措置としてこのような支給方法を実施しています。 なお、完全に65歳からの支給になるのは、昭和36年4月2日生まれ以降の方からとなっていて、それ以前に生まれていた方は、段階的に「60歳代前半の老齢厚生年金」を受け取ることが可能となっています(詳しくは日本年金機構のサイトを参照)。 老齢厚生年金の受給要件について 老齢基礎年金の受給資格である25年(平成27年10月からは10年)の年金加入期間があり、厚生年金の加入期間が1ヶ月以上ある場合、老齢基礎年金とあわせて老齢厚生年金を受給することが可能となります。 つまり、老齢基礎年金の受給資格がなければ、老齢厚生年金の受給要件を満たしたことにはなりません。たとえ1ヶ月以上の厚生年金の加入があっても支給されないため注意しましょう。 なお、上記の「60歳台前半の老齢厚生年金」の受給資格を得るためには、厚生年金の加入期間が1年以上必要となっているので注意しましょう。 老齢厚生年金の支給額について 「本来の老齢厚生年金」については、支給が一定額ではありません。 納めてきた保険料の額だけ比例して多く支給されることになっています。要するに、勤務していた際の給料が高ければ高いほど、老齢厚生年金の金額も増えるということです。 これに対して「60歳台前半でもらう老齢厚生年金」は定額部分と報酬比例部分から成り、定額部分は納付した月数に応じ(老齢基礎年金と同様)、報酬比例部分は、勤務していた際の報酬をもとに支給額が決められています。 カテゴリー:年金分割 関連記事 専業主婦でも離婚後に年金をもらえる? 内縁関係でも年金分割できる? 年金の仕組みって? 加給年金・振替加算とは? 離婚後に内縁関係がある場合も遺族年金はもらえる? 離婚後に相手が死亡した場合は遺族年金を受けられる?