年金の仕組みって?

年金の仕組みって?

離婚をする際は年金分割によって、婚姻期間中に支払っていた年金を夫婦で分割することが可能となっています。

しかし、そもそも年金について詳しく知らないという方が多く、本来であれば年金分割が可能であるにも関わらず、そのまま気にせずに離婚をしてしまう方もいらっしゃいます。

そんなことにならないためにも、今回は基礎的な部分ではありますが、年金分割の仕組みについて簡単にご紹介します。案外知らないことも多いはずなので、よくチェックしてみてください。

年金の種類について

年金はどこが管理・運営をしているかによって、大きく3つに分けられています。

・公的年金

公的年金は、さらに国民年金・厚生年金・共済年金の3つに分けられ、20歳以上の方は必ずいずれかに加入していなければなりません。

また、厚生年金・共済年金加入者は、必ず国民年金にも加入しているという仕組みになっています。公的年金は国が管理・運営を行っています。

・企業年金

企業年金は、上記の公的年金に加え、自らの意思で加入ができる年金を言います。企業が従業員の退職後の生活のために積み立てをするという私的年金です。

一般的には自身の勤め先の企業が管理・運営を行っています。よって、勤め先によっては企業年金制度がないこともあります。

・個人年金

個人年金は、保険会社などが提供する年金型の商品を言います。こちらも言ってしまえば私的年金の1つです。管理・運営を行っているのは、商品提供を行っている保険会社です。

年金制度のしくみについて

原則として、20歳以上60歳未満の国民はすべて国民年金に加入し、保険料を納付しなければなりません。これに上乗せする意味で、厚生年金や共済年金、さらには企業年金や個人年金といった加算の年金制度があります。

つまり、すべての年金制度の土台に基礎年金があり、他の年金制度は基礎年金から上乗せして老後の年金額を増やすためにある制度と言えます。

国民年金だけに加入している方を「第1号被保険者」、厚生年金・共済年金に加入している方を「第2号被保険者」、第2号被保険者に扶養されている配偶者を「第3号被保険者」と言います。

第3号被保険者は保険料を負担することなく、最低限の年金保証を受けることが可能となっています。

なお、厚生年金と共済年金は制度としては別ですが、共通部分が多く、給付も同じような取り扱いがされています。

公的年金制度について

年金制度の中でも公的年金制度というのは、国民が支払う保険料で現在発生している年金給付をまかなうという仕組みになっています。若い世代が老後の世代を支えることから、この仕組みを「世代扶養」と呼んでいます。

また、物価の変動があったとしても年金の価値を維持するための「物価スライド」、給付水準を自動的に調整する「マクロ経済スライド」という制度を導入し、年金額の調整を行っています。

さらには、5年ごとに年金支給に関する検証が行われ、さらに細かく年金額を調整し、最終的な支払い額・支給額が決められています。

関連記事

加給年金・振替加算とは?

こちらの記事は、「年金の仕組みって?」の続きになりま…

内縁関係でも年金分割できる?

たとえ内縁関係であったとしても、関係解消時に年…

専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?

そもそも国民年金(詳しくは「年金の仕組みって?」)と…

離婚後に相手が死亡した場合は遺族年金を受けられる?

離婚後、養育費を支払っていた側が病気や事故などによって死亡してしまった場合

離婚すると厚生年金はどうなる?

目次厚生年金法の改正について老齢厚生年金は2つに分かれている老齢厚生年金の受給要件について老齢厚生年金の支給額について 結婚前、または結婚後に1ヶ月以上厚生年金に加入していた場合、離婚後も厚生年金の受給資格があります。 よって、老後は老齢基礎年金(詳しくは「専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?」)に加え、老齢厚生年金を受給することが可能となっています。 たとえば、パートやアルバイトであったとしても正社員の通常勤務の4分の3以上の労働時間や勤務日数で勤めていたことがあれば、厚生年金の被保険者となっていた可能性が高いです。 厚生年金法の改正について また、平成28年10月以降からは、上記の4分の3以上という基準が改正され、①週20時間以上、②月額8万8000円以上(年収106万円以上)、③勤務期間1年以上を満たしている場合に緩和されることになっています。上記①~③を満たしていれば厚生年金に加入ができます。 老齢厚生年金は2つに分かれている 老齢厚生年金は、60歳から受給する「60歳台前半の老齢厚生年金」と、65歳から受給をする「本来の老齢厚生年金」との2つに分かれています。 なぜ2つに分かれているかというと、現在の法律では、老齢厚生年金は65歳から支払われることになっているのですが、従前は65歳になる前に支払われていたため、いきなり65歳からの支給にしてしまうと、やっと年金が支給されると思っていた方の期待を裏切ることになるため、経過措置としてこのような支給方法を実施しています。 なお、完全に65歳からの支給になるのは、昭和36年4月2日生まれ以降の方からとなっていて、それ以前に生まれていた方は、段階的に「60歳代前半の老齢厚生年金」を受け取ることが可能となっています(詳しくは日本年金機構のサイトを参照)。 老齢厚生年金の受給要件について 老齢基礎年金の受給資格である25年(平成27年10月からは10年)の年金加入期間があり、厚生年金の加入期間が1ヶ月以上ある場合、老齢基礎年金とあわせて老齢厚生年金を受給することが可能となります。 つまり、老齢基礎年金の受給資格がなければ、老齢厚生年金の受給要件を満たしたことにはなりません。たとえ1ヶ月以上の厚生年金の加入があっても支給されないため注意しましょう。 なお、上記の「60歳台前半の老齢厚生年金」の受給資格を得るためには、厚生年金の加入期間が1年以上必要となっているので注意しましょう。 老齢厚生年金の支給額について 「本来の老齢厚生年金」については、支給が一定額ではありません。 納めてきた保険料の額だけ比例して多く支給されることになっています。要するに、勤務していた際の給料が高ければ高いほど、老齢厚生年金の金額も増えるということです。 これに対して「60歳台前半でもらう老齢厚生年金」は定額部分と報酬比例部分から成り、定額部分は納付した月数に応じ(老齢基礎年金と同様)、報酬比例部分は、勤務していた際の報酬をもとに支給額が決められています。 カテゴリー:年金分割 関連記事 専業主婦でも離婚後に年金をもらえる? 内縁関係でも年金分割できる? 年金の仕組みって? 加給年金・振替加算とは? 離婚後に内縁関係がある場合も遺族年金はもらえる? 離婚後に相手が死亡した場合は遺族年金を受けられる?