相手が離婚調停に来ない場合は?

相手が離婚調停に来ない場合は?

いくら離婚調停を申し立てたところで、相手が裁判所に来てくれなければ調停を進めていくことはできません。相手が何度も調停を欠席するようでは、当然ながら調停は不成立となってしまいます。

しかし、相手が調停にこない理由によっては、取ることができる対応策もあります。

今回は、相手が離婚調停に来ない場合にどうすれば良いのかをご説明します。

調停当日に相手の都合が悪かった場合

調停は昼間の時間帯に開かれることになるため、相手が仕事などの理由で調停に来られないというのは想定できるところです。

そこで、調停当日に相手の都合が悪いような場合は、別の日時を指定、または後から調整することが可能となっています。相手が一応は調停に出席する意思を示している限り、基本的に調停が不成立になることはありません。

ただし、調整するといっても裁判所と調停委員にも予定がありますので、あまり自由に調整することはできなくなっています。また、何度となく日時を調整しても当日に欠席が続くような場合は、裁判所から強制的に不成立とされてしまうこともあるため注意が必要です。

相手が意図的に来ないようにしている場合

相手が意図的に調停に来ないようにしているような場合、家庭裁判所から調査員が派遣されることもあります。実際に相手の所在地へと尋ね、調停に来ない理由を確認し、調停への出席を促します。

こちらを裁判所からの「勧告」というのですが、この勧告にも応じない場合、5万円以下の過料に課されることもあります。

ただし、裁判所がこういった対応をしてくれることはあまりなく、ほとんどの場合は呼び出し状の再送付、電話での催促、といったところです。あまり期待はしないようにしましょう。

相手が離婚調停自体を知らない場合

相手が離婚調停自体を知らない場合もあります。

相手の所在地が明らかになっていない場合、相手に離婚調停が開かれることを伝えることができません。こういった場合は、相手の所在調査を裁判所から求められることになります。
たとえば、相手の住民票を取得してみたり、相手の職場を調査してみたりといったところです。

ただし、こうした調査を行うには、自身では限界があります。
相手が住民票の開示を拒否しているのであれば、いくら夫婦とはいえ取得することはできませんし、相手の職場に足を運ぶというのは直接顔を合わせることもあり、なかなかできることではありません。

ですので、事情次第では弁護士に依頼をしたほうが良いと言えます。
弁護士であれば、住民票の取得は職権にて可能となっていますし、相手の職場を通じて連絡を取ることも可能となっています。

関連記事

離婚協議書って何?

協議離婚をする場合は、夫婦間にて取り決めた内容を書面として残しておくようにしましょう。この書面を…

離婚調停は申し立てたほうが有利?

離婚調停というのは、申し立てたほうが有利になるのでしょうか?それとも、申し立てられたほうが…

相手の住所がわからない場合は?

調停や裁判というのは、相手の住所がわからないことには手続きを進めていくことができません。で…

離婚調停の取り下げは可能?

離婚調停を申し立てた後、自ら調停を取り下げることは可能なのでしょうか? この答えとして、…

離婚調停はいつ開かれる?

離婚調停は、裁判所が開いていないことには話し合いをすることができないため、裁判所が空いている時間…