離婚後に相手が死亡した場合は遺族年金を受けられる?

離婚後、養育費を支払っていた側が病気や事故などによって死亡してしまった場合、その後の養育費はどうなってしまうのでしょうか?

普通に考えたら、支払い者がいなくなってしまうことから、養育費を受けることはできなくなってしまいます。

しかし、こういった場合でも、一定要件を満たしている場合に限り、養育費の代わりに遺族年金を受けることが可能となっています。

遺族年金を受給するための条件

まず、支払い者が加入している年金の種類から見ていきましょう。

遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類があります。わかりやすくいえば、遺族基礎年金が国民年金への加入によって発生し、遺族厚生年金が厚生年金(社会保険)への加入によって発生します。

そして、子どもが遺族年金を受給するためには、大まかに下記の条件を満たしていなければなりません。

・養育費の支払い者が国民年金、あるいは厚生年金の被保険者であること
・被保険者の年金制度への加入期間のうち保険料納付済期間と保険料の免除や特例期間を合算した期間が3分の2以上あること(平成27年9月現在)
・子どもが18歳に達してから最初の3月31日を迎えていないこと、または、子どもが20歳未満の子であり、第1級、第2級の障害があること
・子どもが結婚していないこと

遺族年金の支給停止について

遺族年金は、子どもが死亡したり、婚姻したりすると受給権がなくなります。その他にも、子どもが親族以外の者の養子になった場合も同様です。

また、遺族基礎年金は、子どもが両親の一方と生計を共にしていれば、支給されません。

つまり、現実的には遺族基礎年金が支給されることはほとんどなく、遺族厚生年金でなければ受給することはできません。

その他にも、子どもに850万円以上の年収がある場合も受給停止されますが、こちらは稀なケースとなっています。

遺族年金と児童扶養手当は同時に受け取れない

なお、遺族年金と児童扶養手当(詳しくは「離婚後に受給できる公的給付は?」)は、同時に受け取ることができません。

よって、遺族年金を受給したいのであれば、児童扶養手当の受給を解除する必要があります。

金額的に見れば、遺族年金のほうが年間支給額も多くなる傾向がありますが、それも結局は被保険者の収入次第(厚生年金を支払ってきた金額)となりますので、どちらが良いかはケースバイケースとなっています。

いずれにせよ、相手の死亡によって養育費が支払われなくなっても、遺族年金という救済措置が残されていると覚えておきましょう。

関連記事

加給年金・振替加算とは?

こちらの記事は、「年金の仕組みって?」の続きになりま…

年金の仕組みって?

離婚をする際は年金分割によって、婚姻期間中に支払っていた年金を夫婦で分割することが可能となってい…

内縁関係でも年金分割できる?

たとえ内縁関係であったとしても、関係解消時に年…

専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?

そもそも国民年金(詳しくは「年金の仕組みって?」)と…

離婚すると厚生年金はどうなる?

目次厚生年金法の改正について老齢厚生年金は2つに分かれている老齢厚生年金の受給要件について老齢厚生年金の支給額について 結婚前、または結婚後に1ヶ月以上厚生年金に加入していた場合、離婚後も厚生年金の受給資格があります。 よって、老後は老齢基礎年金(詳しくは「専業主婦でも離婚後に年金をもらえる?」)に加え、老齢厚生年金を受給することが可能となっています。 たとえば、パートやアルバイトであったとしても正社員の通常勤務の4分の3以上の労働時間や勤務日数で勤めていたことがあれば、厚生年金の被保険者となっていた可能性が高いです。 厚生年金法の改正について また、平成28年10月以降からは、上記の4分の3以上という基準が改正され、①週20時間以上、②月額8万8000円以上(年収106万円以上)、③勤務期間1年以上を満たしている場合に緩和されることになっています。上記①~③を満たしていれば厚生年金に加入ができます。 老齢厚生年金は2つに分かれている 老齢厚生年金は、60歳から受給する「60歳台前半の老齢厚生年金」と、65歳から受給をする「本来の老齢厚生年金」との2つに分かれています。 なぜ2つに分かれているかというと、現在の法律では、老齢厚生年金は65歳から支払われることになっているのですが、従前は65歳になる前に支払われていたため、いきなり65歳からの支給にしてしまうと、やっと年金が支給されると思っていた方の期待を裏切ることになるため、経過措置としてこのような支給方法を実施しています。 なお、完全に65歳からの支給になるのは、昭和36年4月2日生まれ以降の方からとなっていて、それ以前に生まれていた方は、段階的に「60歳代前半の老齢厚生年金」を受け取ることが可能となっています(詳しくは日本年金機構のサイトを参照)。 老齢厚生年金の受給要件について 老齢基礎年金の受給資格である25年(平成27年10月からは10年)の年金加入期間があり、厚生年金の加入期間が1ヶ月以上ある場合、老齢基礎年金とあわせて老齢厚生年金を受給することが可能となります。 つまり、老齢基礎年金の受給資格がなければ、老齢厚生年金の受給要件を満たしたことにはなりません。たとえ1ヶ月以上の厚生年金の加入があっても支給されないため注意しましょう。 なお、上記の「60歳台前半の老齢厚生年金」の受給資格を得るためには、厚生年金の加入期間が1年以上必要となっているので注意しましょう。 老齢厚生年金の支給額について 「本来の老齢厚生年金」については、支給が一定額ではありません。 納めてきた保険料の額だけ比例して多く支給されることになっています。要するに、勤務していた際の給料が高ければ高いほど、老齢厚生年金の金額も増えるということです。 これに対して「60歳台前半でもらう老齢厚生年金」は定額部分と報酬比例部分から成り、定額部分は納付した月数に応じ(老齢基礎年金と同様)、報酬比例部分は、勤務していた際の報酬をもとに支給額が決められています。 カテゴリー:年金分割 関連記事 専業主婦でも離婚後に年金をもらえる? 内縁関係でも年金分割できる? 年金の仕組みって? 加給年金・振替加算とは? 離婚後に内縁関係がある場合も遺族年金はもらえる? 離婚後に相手が死亡した場合は遺族年金を受けられる?