相手が離婚調停で嘘ばかり言う場合は?

調停で相手が嘘の発言ばかり繰り返す場合、どのように対応するのが良いのでしょう。いつの間にか調停委員が相手の嘘を信じ、こちらが悪いかのように進行されてしまったとしたら・・・?

相手が離婚調停で嘘ばかり言う場合は?

裁判官や調停委員は家庭内で起きたことを知りはしませんので、実際に相手の口のうまさに釣られて嘘を信じてしまうこともあるのです。

こういった場合、いちいち弁明しても拉致が明かない可能性があるため、相手の嘘と真実との食い違いが指摘できるタイミングを待つのが良いです。

調停での嘘は偽証罪にならない?

日本の刑事裁判では「偽証罪」というものがあります。
刑事裁判で証人が発言する際、偽証はしないと宣誓させられ、それにも関わらず嘘の発言をした場合は、偽証罪に問われるのです。

その他にも、民事裁判では宣誓した当事者が嘘の発言をした場合、10万円の罰金を支払わなければならないという定めがあります。

しかし、これらはすべて裁判での話であり、調停はこの限りではありません。
調停ではいくら嘘をついても何かしらの罪に問われたり、罰則を受けたりといったことはありません。つまり、調停では嘘をつくこと自体になにも問題はないということです。

調停は嘘をつけば良いものではない

しかし、たとえ相手の口がうまく、巧妙に嘘をついてきたとしても、調停は発言のうまさだけが重要になるわけではありません。

確かに調停は話し合いの場ではありますが、発言を裏付ける証拠の提出も可能となっています。つまり、相手の発言が嘘であると示す証拠を提出できれば、相手の心証は格段に悪くなります。

調停が相手側のペースで進んでしまうと焦りも出てきますが、すべての嘘に反論するだけでなく、確実な証拠を提出できるタイミングをうかがうのが良いでしょう。

調停をあえて不成立にするのも可能

とはいえ、証拠を出せるタイミングもなく、嘘を裁判官や調停委員がそのまま信用してしまった場合、あえて調停を不成立するのも可能です。嘘をつき続ける相手と調停内で話し合いを続ける必要はありません。

いくら相手が嘘によってうまく調停を進行していたとしても、最終的に合意にさえ至らなければ調停はすべて不成立になります。そして、次は調停ではなく裁判によって争うのが良いでしょう。

裁判では自由に発言できる調停とは違い、主張とそれを裏付ける証拠が重要視されます。また、上記のような罰金規定もあるため、嘘の発言をいつまでも続けるのは無謀です。

調停で嘘をつき続ける相手とは、裁判で争うのが良いでしょう。

カテゴリー:調停離婚

関連記事

関連記事

離婚協議書って何?

協議離婚をする場合は、夫婦間にて取り決めた内容を書面として残しておくようにしましょう。この書面を…

離婚調停は申し立てたほうが有利?

離婚調停というのは、申し立てたほうが有利になるのでしょうか?それとも、申し立てられたほうが…

相手の住所がわからない場合は?

調停や裁判というのは、相手の住所がわからないことには手続きを進めていくことができません。で…

離婚調停の取り下げは可能?

離婚調停を申し立てた後、自ら調停を取り下げることは可能なのでしょうか? この答えとして、…

離婚調停はいつ開かれる?

離婚調停は、裁判所が開いていないことには話し合いをすることができないため、裁判所が空いている時間…